離婚・復縁

紗江さん(仮名)・26歳の体験談

私は大学卒業後、初めて務めた会社の同僚と2年半の社内恋愛を経て、入社3年目で結婚をし、私は退社して専業主婦になりました。

私たちは共に営業として入社したので、当時から会社の付き合いで飲み会や土日にゴルフなんてことはしょっちゅうあり、夫の帰りが遅かったり、休日に家にいないことは特に気にしていませんでした。

ところが、ある日少し遠出しようと思いいつもは行かない場所まで出かけてみると、接待でゴルフに行くと言って外出したはずの夫が、明らかに同い年くらいの女と二人きりで手をつないで歩いているところを目撃しました。

どこかで見覚えがあると思ったら、以前写真で見たことのある大学時代の元カノでした。

まさか彼女と今も関係が続いていたとは思ってもいなかったので、怒りがこみあげてきて涙が止まりませんでした。

立ち尽くしているうちに二人はいなくなってしまい、写真を撮ることも出来ませんでした。

ですが、それでも夫の事は嫌いになれずに、愛情が覚めた訳ではなかったので、事実を確かめて浮気を止めて欲しいと思い、探偵を雇うことにしました。

実はその時私は妊娠していたので、自分で動くことが出来なかったんです…。

お金は結構かかりましたが、私も務めていた時の蓄えがありましたし、今も夫の給料の中からこっそり貯めている分がありましたので、それを使って依頼しました。

やはり探偵にお願いして良かったです。

元カノとはずっと関係が続いていたようで、ホテルに入る写真まで…

精神的にはかなりきつかったですが、その報告書を使って、夫ときちんと話し合いをしました。

さすがに写真まであったので、夫も浮気を認め、今後一切元カノとは会わないということと、浮気はしないという誓約書を書かせて約束させました。

夫から慰謝料を取っても私たちの資金がなくなるだけなので、浮気相手から慰謝料を取ることも考えましたが、到底大金が払えるとも思いませんでしたし、はした金をもらっても気持ちがおさまる訳ではなかったので、念書(もう二度と会わないという内容の)を書かせました。

まだ100%信じることは出来ませんが、関係を修復して子供と3人で楽しい家庭に出来るように頑張っているところです。

-離婚・復縁